振り込みキャッシングができるカードローン

銀行カードローンの借り方として、振り込みキャッシングができるとやはり便利度はグンとアップします。振り込みキャッシングとは、振り込みを依頼して自分の銀行口座に必要な金額を借りるという方法です。
銀行カードローンでは、会員システムになっていることが多く一度契約するとその銀行カードローンのメンバーであるということになります。銀行カードローンのメンバーサイトなどから、少ない項目を入力するだけですぐに必要なお金が振り込まれるようになっています。カードローンによっては、振り込み対応時間内に依頼を済ませると数秒単位でお金が振り込まれるものもあり、大変便利なカードローン借り換え方法です。
ATM借り入れも便利ではありますが、たとえば銀行口座からの引き落としによる支払い時などでは振り込みキャッシングで借り入れをしてしまえば、そのまま口座にお金を置いておけばよいので手間がかかりません。依頼してから振り込みまでにあまり時間がかからないようなカードローンが多いですから、うっかり支払い日を忘れていた場合にも安心です。
利用方法が限定されているカードローンであっても、絶対にその利用方法しかしないとはっきりと分かっていればよいのですが、例えば引っ越しなどで環境が変わった場合にこれまでと全く同じ利用方法ができるかというと、そうではないこともあります。特にカードローンのように利用期間が長くなる可能性が高いローンなら、自分の環境の変化などに対対応しやすいものを選んでおくと安心です。
借りるということ自体に気持ちが向いてしまい、借り入れ方法の詳細などを確認せずに申し込みをしてしまってから「あの借り入れ方法もできたら良かったのに!」と後悔することがないように、きちんと調べてから申し込みをしておきましょう。

銀行と消費者金融の違い・借入方法と返済方法

全般的に見てみると銀行カードローンよりも消費者金融の方が充実したサービスを展開しています。
借り入れ方法、返済方法、それだけではなく会員ページも充実しており一度も来店の必要なく最後まで利用することさえできます。
消費者金融のサービスは充実、それは事実ではあるものの実際に利用を始めてしまえば銀行カードローンの利用方法に不便を感じることは少ないでしょう。
それでも返済方法にはどのようなものがあるのか、必ず確認しておかなくてはなりません。
「消費者金融の借入方法」
・店頭窓口
・自社ATM
・提携コンビニATM
・振込キャッシング
多くの消費者金融ではこれだけの借入方法を用意しています。
最近特に人気が高いのは振込キャッシングです。
指定した自分名義の銀行口座に借り入れ金額を振込してもらう借入方法です。
現代では厳禁が必要な借り入ればかりではなく口座に残高が必要なための借り入れも増えてきました。
支払い方法が引き落としや振り込みが多くなっているからでしょう。
インターネットショッピングが広く浸透していることもまた理由の一つかもしれません。
銀行口座に残高が必要なときの借り入れとして振込キャッシングは多く利用されるようになってきました。
ATMから引きだしを行ってから口座に入金する、この人手間がなくなっただけで非常に便利になったものです。
ただし、借入方法として次いで便利な提携コンビニATMでは利用手数料がかかります。
消費者金融に対して支払う手数料ではなく提携のATMを使うために発生する利用手数料です。
1万円以下の借り入れで108円、1万円超の借り入れで216円の利用手数料がかかります。
これは返済の時でもおなじことです。
ただし借り入れの時には借り入れる金額のほかに手数料が差し引かれることになります。
つまり、借り入れたい金額が5,000円だったとしてもそこに手数料が加算され5,108円を借り入れたことになるのが一般的です。
その消費者金融によっては5,000円の借り入れ金額から手数料108円を差し引き現金として受け取るのは4,892円になることもあります。
提携コンビニATMの利用手数料はどのように支払うのかは確認しておきましょう。
「消費者金融の返済方法」
・口座引き落とし
・店頭窓口
・自社ATM
・提携コンビニATM
・振込返済
・インターネット返済
返済方法もまた充実しています。
しかもこの中で手数料が発生するのは振込返済と提携コンビニATMです。
振込返済は銀行口座から消費者金融の指定する銀行口座へ振り込みによる返済をする方法です。
すなわち自分が利用する銀行の規定振り込み手数料が加算されます。
その金額は条件が重なれば800円を超すこともありますので避けておきたい返済方法です。
「銀行カードローンの借入方法」
・自社ATM
・提携ATM
多くの場合この2択しかありません。
振込キャッシングは一般的となっているもののそれは消費者金融に限ってのことです。
銀行カードローンを利用するときには振込キャッシングは特別な銀行で扱っているサービスになります。
ただし銀行カードローンの場合、提携コンビニATMの利用手数料が無料になるカードローンも多くなっています。
「銀行カードローンの返済方法」
・自社ATM
・提携ATM
・口座引き落とし
返済の基本が口座引き落としになりますが、その口座はどこのものでもよいというわけではありません。
多くの場合、利用する銀行の口座が必要になっています。
そのため既に持っている口座の銀行でカードローンを利用するという方は少なくはありません。